植毛についての記述

私は昔から習い事をするのが好きだった。
自己啓発に興味があって、気になったことはとことん調べて習いに行くタイプだ。学生時代はワープロ教室とペン字を習い、社会人になってからは着付けを習いに行った。

結婚して子供が出来るまでは、ヨーロッパ刺繍を習った。

学生時代のワープロ教室は少し失敗だった気がする。

今はすっかりパソコンが主流でワープロなんて使う人はほとんどいない。着付けは一年近く習い、最後は振袖の着付けまでいったが、着物を着ないとすっかり忘れてしまうのだ。


今では帯結びが全く出来ない。習い事も、毎日でなくても継続していかないと使えないのだ。
ものすごくハマった刺繍も、今では全く手に取らない。

テーブルセンターや刺繍をほどこしたクッションカバーなど、頑張った証のものは今も部屋にある。

自毛植毛についての珍しい情報をご紹介しています。

しかし、子供がバックに刺繍してほしいと言ってきても、さっぱりやる気が起きないのだ。可哀想に思うが仕方ない。

私は一度ハマるととことんまでやるが、飽きっぽいのだ。
でもこれではいけないなと思う。

この4月から子供たちが幼稚園に入園したので、何か習い事をしたいと考えている。

近所のママが習い事を始めたというので、早速聞いてみた。
彼女はパッチワークを習い、また医療事務の通信講座を受けているというのだ。

パッチワークは東京の展覧会にも行くほどで、将来は自分でこじんまりとした教室を持てたらいいなと言っている。そして医療事務を勉強して、病院で仕事がしたいとも言うのだ。
なんて積極的なんだろうと感心してしまった。

習い事も習い事止まりにしないところがいい。


私も一念発起して、人に教えられるくらい極めてみようかと思った。

でも、残念ながら、そこまでやりたいというものがないのだが。

近所の大型ショッピングセンターにあるカルチャーセンターを覗いてみて、お試し講習を受けてみよう。春は色々なことに挑戦する季節だからだ。

きっとなにか見つかるはずだ。

今から楽しみである。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 newsing it!

ページ上部へ